本日 33 人 - 昨日 42 人 - 累計 25350 人

万葉集の花

吾が愛読書の一冊「万葉集の植物」の中の一首

壱師(いちし)……ヒガンバナ

歌の大意
「道端のいちしの花はすぐ一目につきますが、私の
恋しい妻のことも知られてしまいました。恥ずかしいけれど
嬉しい」

その他

赤と白の彼岸花


a4



タグ: 万葉集
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):