本日 46 人 - 昨日 80 人 - 累計 21857 人

鎌倉宮にて

2017年02月24日
鎌倉宮(東光寺)に閉じ込められていた大塔の宮が
足利尊氏の弟、直義の命で凶刃に倒れたのはわずか
28歳という。
ここに参拝に来ると土牢、や御首塚などがあるので
戦いの無残さにいまさらながら戦争の反対を叫ばな
ければの想いにかられます。

鎌倉宮の梅と蝋梅です、

b4


無残とも思える大塔宮の土牢と御首塚の写真です。


b5


美しくそして香高い蝋梅、名前の由来は、透明感のある蝋細工のような花を
咲かせるからだといわれていますね、写真は「満月蝋梅」です。

a1

大阪に居住の画家森田真千子さん(60)両手足が不自由で、
筆を口にくわえて絵を描く写真のような素晴らしい絵画を描く
人間の才能の素晴らしさとその神秘性に触れる思いがしました。
勿論、本人の努力がその才能を引き出したと思うと尊敬の想いが
いや増すだけでした。

a2

a3


庭の花々と短歌

2017年02月21日
家の立金花とパールアカシア、菜園のミモザアカシアの
三連です。

a1

菜園に行く途中の富士と小出川のコサギを
詠みました。

a4


庭の花々と短歌

2017年02月19日
家の庭にひょっこり顔をだし「jinさんこんにちは」
と福寿草が言っているようでした。
ノースボール、ムルチョコレも咲き続けています。

a1

伊豆の葛城山の下りの道と蔵王の樹氷を詠む

a2


a3




咲き誇っているラナンキュラス、ヒメオドリコソウ、
モモイロタンッポなどです。

a1

吾妻山、金時山を詠う、

a2

a3

今まで写してきた花々の名前。
最近物忘れが激しいのでうUPしておきました。

http://syounasn.main.jp/newpage178.html



パールアカシア

2017年02月05日

去年、ネット通販で求めた「パール・アカシア」です。
庭に植えてある木の中では一番先に花を咲かせてくれ
ました。アカシアの仲間では一番好きなはなです。

花言葉……真実の愛

a1

その他、クリスマスローズ、日本水仙などです。

a2

a3

※ 彼方には烏帽子の岩がくっきりと赤く染まりて暮れなずむ海


※ 帰えらざる日々を思いて暑き日のもえる砂丘を黙し歩きぬ

小出川の土手に植えられている河津桜の一部です。
開花は全体的に2,3分といったところでしょうか。
一部は満開のところもあります。
ヒヨドリがいないときメジロが喜々としてやって
きます。

a4

1本の木を写してみました。暖かい日が2,3日
続けば満開になるのではないかとおもいます。

a8


※ 遠き日の思い出強く胸を打つ絵画のごとき夕焼けの色


※ 夕焼けの浜辺に立ちて眺めしは赤く染まりし烏帽子岩かな



一昨日、小出川の河津桜の様子を見に
行ってきました。
よく咲いている木、未だ一分咲きの木
いろいろでしたが幸いメジロがたくさん
来ていたので写しました。
その画像です。

a0


a1


a2

※ 菜園の彼方に見える富士の嶺
       すがすがしさが吾を貫く


※ 空と海合わさる彼方眺むれば
       沸沸とわく生の喜び

蔵王にて

2017年02月01日
今年で4年間も蔵王のスキーに行くことが
出来なかった。弟夫妻の病気、そして旅立ち、
今年の悪天候、それらが重なったことが一因
だ。
5年前に写した写真が残っていたので投稿した
くなったので古い写真でご勘弁を。
リフトから宿舎まで至る4連です。

a1

エゾトドマツをモンスターに作りあげた雪。

a4

※ 街中で出会った人は車椅子
吾が微笑に笑みて応える

※ 生きる日々成長の路と思うわれ
買い求めしはガモウ物理よ

18