本日 46 人 - 昨日 80 人 - 累計 21857 人
箱根の山のホテルは三菱の創業者岩崎弥太郎の甥岩崎小弥太が
建てた別邸が前身です。現在は小田急が引き継いでいます。
広大な敷地に植えられた「つつじ」「しゃくなげ」と見下ろす
芦ノ湖の景観が特に有名です。
満開を期待していったんですが今年はまだところどころに咲いて
いる程度でした。

つつじの開花の様子と眼下に広がる芦ノ湖、海賊船の遊覧船が
進んいる姿は何とも言えない景観です。
この海賊船には何回も乗っていますよ。

a1

a2

a3


富士とつつじの群生、ここは晴れてつつじが満開だと
実に綺麗なんですが少々残念です。
来年、満開と晴れの日を選んで個人で行ってみたいです。

つつじたちの開花の様子です。いまいちですね。

a4

a11

a6

a7

a8

a9


箱根は車があるときは1年で数回は行きました。
孫たちを乗せておおいに楽しみましたよ。
相棒たちとは「ブラックバス」をルアーで
釣ったりしました。
だが、山のホテルは初めてなのできたいして
訪問しますた。
そのようすです。

a10

a11

a12




今盛りに咲いている「しゃくなげ」いろいろな場所で
写したものをコラージュに纏めてみました。

a1

その他、クレマチスの原種とザ・プレジデントげす。

a2

a3

クレマチスの花言葉……心の美

いいなあ、いつも心掛けているが至らない。


晩春の花々

2017年05月19日
晩春、温かい気温に誘われて花々が目を覚ます。
枯草に満ちていた谷戸の道延べや公園の花壇は
色づいてきている。そして色鮮やかな花が育つ。
まるで「私を見てね」と誇らかに言っているようだ。
そのような花々、ガザニア、バラ、マリーゴールド
のコラージュです。

a1

派手ではない落ち着いた色合いのバラ、こんな薔薇が
好きだ。

a2

a3



富士の芝桜(3)

2017年05月14日
芝桜だけではなくいろいろな花々も植えてありました。
アネモネの群生が多かったですよ。
コラージュを作成してみました。

a1

赤い芝桜の絨毯の彼方に神々しい富士が厳然として
聳えていました。この景観に嘆声をあげる人も多かった
です。
多くの人が写真を撮りまわっていました。

a4

芝桜の4連です。晴れていると池に写る芝桜もまた
味わいがあるんですが曇りなのでそれは見ること
はできませんでした。

a1

本物の富士と芝桜で造形した富士です。

a4


富士芝桜まつり(本栖湖の芝桜)10年前第一回目に早速
訪問しましたが混雑でほとんど写真がとれませんでしたが
今回は充分に写せました。
沢山撮ったのでコラージュにまとめました。

a1

一面に広がる芝桜、その色彩は見事でした。
残念なことは晴れていないので富士にブルーのバックが
ついていないことです。
しかし曇りでも富士はよく見えました。

a4


一昨日の海岸です。女性たちがボートを漕ぐ練習を
受け一生懸命に練習していました。船を海に運んで
もらい海に出ていきました。
一方、一人で船を漕いでいる人も……。
4連です。海は楽しいなあ。


a1


藤沢土木事務所、ここに立ち寄り係りの人としばらく
話をしました。宇宙飛行士のいろいろ展示がありまし
たが撮影は禁止だと申し訳なさそうに話してくれまし
た。
海浜植物園がありその中で「ハマナス」の花がもう
咲いていました。ここは自由に写せます。

a4


昨日は少々暑いがいい天気だったので海岸まで
歩き「浜昼顔」を捜しながら藤沢土木事務所の
海岸野草庭園までいきました。
まず、海岸の様子とシャリンバイ、浜昼顔の
4連です。

a1

富士を狙っていたんですが暑かったせいか水蒸気が
多くてはっきりしませんでした。
もう一つの画像は人口波止と烏帽子岩です。

a4


里山の老い登り

2017年05月05日
今日は子どもの日(端午の節句)ですね。
鯉のぼりは、「黄河の急流に竜門と呼ばれる滝があり、
その滝を登ろうと多くの魚が試みたものの登れたのは鯉だけで、
登り切った鯉は竜になった」という中国の故事が元となっており、
男の子の出世を願う意味があります。
現在は「子どもの日」として子どもの健全な成長を祝う日ですね。

a1

谷戸の公園でたくさんの鯉が泳いでいます。

a4


モッコウバラの4連です。
この花は勢力が強く屋根を伝わって厳寒まで
垂れ下がってきている花もあります。

a1

沢山集まって咲いている花は豪華ですね。
この花は赤玉土、若しくはバーミュクライトで
挿し芽すると2週間足らずで発根します。

a4


我が家の庭にさく「モッコウバラ」と「羽衣ジャスミン」です。
勢力が強く毎年、剪定しても道路際にも咲きはじめてしまいます。
沢山さいているのでコラージュに纏めてみました。

a1


モッコウバラ
花言葉…純潔、初恋、幼い頃の幸せな時間

羽衣ジャスミン
花言葉…誘惑、官能的な愛、優しさを集めて
これは香を考えた花言葉ですね。

a4


士を形造っていた芝桜の造形をいろいろな角度から
撮り4連に纏めてみました。

a1

帰りは急坂の道を通り「吾妻神社」によってみました。
この神社を参拝するといろいろな歴史的な思いが湧いて
きます。

大和朝廷…東征…日本武尊命…嵐…弟橘比売命…入水…
風波収まる…古事記など連想はどもまでもつながって
行く。
日本武尊は東征が終わり相模湾を見て「吾妻はや」と
弟橘比売命を思い彼女の身を捨てた思いに涙ぐむ。
「吾妻神社」はそんな弟橘比売命と弟橘比売命の想い
を待った神社だと思う。
茅ヶ崎にも「腰掛神社」だあり東征が終わった日本武尊が
石に腰掛「吾妻よ」と悲痛に叫んだという伝説もある。
腰掛石は何回か紹介したことがあります。

a4